snmp-server host

CiscoルータやCatalystのsnmp-server hostコマンドについて、構文や使い方を設定例交えて説明しています。

説明

 snmp-server hostコマンドを使うとTRAPを送信するSNMPサーバーとコミュニティ名を設定出来ます。

 SNMPサーバーとは監視装置です。MIBを使ってルーターやスイッチの情報を参照したり、ルーターやスイッチから上がってくるTARP信号を受信してアラームを表示したりします。

 TRAPとはエラー等が発生した時に監視装置に通知するメッセージです。

TRAPの説明

 コミュニティ名とはSNMPで通信する時のパスワードのような役目をしており、コミュニティ名が一致しているとSNMPマネージャはTRAPを受信します。

構文

 snmp-server hostコマンドの構文は以下の通りです。

snmp-server host IPアドレス コミュニティ名

 IPアドレスはSNMPサーバーのIPアドレスです。

 コミュニティ名は1〜32文字の英数字でスペースは使えません。

 設定は複数可能で設定した数のSNMPサーバーにTRAPを送信します。

 デフォルトではTRAP送信先のサーバーは設定されていません。

設定例

 snmp-server hostコマンドの設定例は以下の通りです。

Cisco(config)# snmp-server host 172.16.1.1 test
Cisco(config)#

 上記でIPアドレス172.16.1.1のSNMPサーバーに対してコミュニティ名testでTRAPを送信します。

 尚、送信するTRAPはsnmp-server enable trapsコマンドで別途定義する必要があります。

利用可能なモード

・グローバルコンフィギュレーションモード

削除

 TRAP送信先のSNMPサーバーの設定を削除するコマンドは以下の通りです。

Cisco(config)# no snmp-server host IPアドレス コミュニティ名
Cisco(config)#

 上記で指定したSNMPサーバーだけTRAPを送信しなくなります。

関連ページ

・設定編「初期設定

 Catalystのパスワード、ホスト名、SNMP等の初期設定について説明しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加