snmp-server enable traps

CiscoルータやCatalystのsnmp-server enable trapsコマンドについて、構文や使い方を設定例交えて説明しています。

説明

 snmp-server enable trapsコマンドを使うとSNMPサーバーに送信するTRAPを有効に出来ます。

 SNMPサーバーとは監視装置です。MIBを使ってルーターやスイッチの情報を参照したり、ルーターやスイッチから上がってくるTARPという信号を受信してアラームを表示したりします。

 TRAPとはエラー等が発生した時に監視装置に通知するメッセージです。

TRAPの説明

構文

 snmp-server enable trapsコマンドの構文は以下の通りです。

snmp-server enable traps [ オプション ]

 オプションを付けないと全てのTARPが有効になります。

 オプションは装置によって異なりますが、以下に例を示します。

【snmp-server enable trapsオプション例】
オプション 説明
bridge STP関連
ospf OSPF関連
snmp 装置起動やリンクアップ/ダウン等の標準TRAP
storm-control ストーム制御関連

 snmp-server enable traps ?によって装置に設定出来るオプションが確認出来ます。

 デフォルトは全てのTRAP送信が無効になっています。

設定例

 snmp-server enable trapsコマンドの設定例は以下の通りです。

Cisco(config)# snmp-server enable traps
Cisco(config)#

 上記で装置で利用出来る全てのTRAPが有効になります。

Cisco(config)# snmp-server enable traps snmp
Cisco(config)#

 上記で装置起動やリンクアップ/ダウン等の標準TRAPが有効になります。

利用可能なモード

・グローバルコンフィギュレーションモード

削除

 TRAPの設定を無効化するコマンドは以下の通りです。

Cisco(config)# no snmp-server enable traps [ オプション ]
Cisco(config)#

 オプションを指定しない場合、全てのTRAPが無効になります。オプションを指定した場合、指定した種類のTRAPだけ無効になります。

関連ページ

・設定編「初期設定

 Catalystのパスワード、ホスト名、SNMP関連等の初期設定について説明しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加