ip default-gateway

CiscoルータやCatalystのip default-gatewayコマンドについて、構文や使い方を設定例交えて説明しています。

説明

 ip default-gatewayコマンドはデフォルトゲートウェイを設定するために使います。

ip default gatewayの説明

 他のネットワークやサブネットと通信するために仲介してくれる最初のルーターのIPアドレスをデフォルトゲートウェイと言います。

 ルーティングを行っている装置であればルーティングテーブルを見て通信先を決めます。このため、基本的にはL2スイッチがtelnetやSyslog等、自身が通信を行うために設定します。

構文

 ip default-gatewayコマンドの構文は以下の通りです。

ip default-gateway IPアドレス

 デフォルトでは設定されていません。

設定例

 ip default-gatewayコマンドの設定例は以下の通りです。

Cisco(config)# ip default-gateway 172.16.1.1
Cisco(config)#

 上記はデフォルトゲートウェイを172.16.1.1に設定しています。

設定可能なモード

・グローバルコンフィギュレーションモード

削除

 設定を無効にするコマンドは以下の通りです。

Cisco(config)# no ip default-gateway
Cisco(config)#

関連ページ

・設定編「初期設定

 デフォルトゲートウェイの設定以外にも、Catalystのパスワード、ホスト名、telnet、ssh接続等の初期設定について説明しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加