logging facility

CiscoルータやCatalystのlogging facilityコマンドについて、構文や使い方を設定例交えて説明しています。

説明

 Syslogサーバーには沢山のログが送られてくるため、装置毎やグループ毎にログファイルを分類する必要があります。この分類するための情報をファシリティと言います。

ファシリティの説明

 logging facilityコマンドにより、Syslogサーバーにログを送信する時のファシリティを変更する事が出来ます。

構文

 logging facilityコマンドの構文は以下の通りです。

logging facility ファシリティ

 ファシリティのデフォルトはlocal7です。

 ファシリティが、例えばmailであればメール関連のログを示します。

 local0〜local7は独自に分類するためのファシリティで、ルーターやスイッチでは通常はこのどれかを指定します。

設定例

 ファシリティの設定例は以下の通りです。

Cisco(config)# logging facility local1
Cisco(config)#

 上記でファシリティがlocal1に設定されます。Syslogサーバー側ではこのファシリティを見て、どのファイルに保存するか判断します。

 ルーターやスイッチはそれ程多くのログを出力しないため、全体で1つのファシリティ、ある範囲で1つのファシリティ等まとめると分かり易くなります。

利用可能なモード

・グローバルコンフィギュレーションモード

削除

 ファシリティの設定を無効にするコマンドは以下の通りです。

Cisco(config)# no logging facility
Cisco(config)#

関連ページ

・設定編「初期設定

 Syslog等、Catalystの初期設定について説明しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加