enable secret

CiscoルータやCatalystのenable secretコマンドについて、構文や使い方を設定例交えて説明しています。

説明

 enable secretコマンドは特権EXECモードに移行する時のパスワードを設定するために使います。

 パスワードを設定するとenableコマンド投入後、パスワード入力が必要になります。

Cisco> enable
Password:*******

構文

 enable secretコマンドの構文は以下の通りです。

enable secret パスワード

 パスワードとして設定出来る最大文字数は25文字です。英字で始まり、途中と最後は英数字が使え、大文字と小文字は区別されます。又、パスワードは暗号化されます。

 secretを付けず、enable パスワードで設定する事も可能です。この場合、デフォルトではパスワードは暗号化されずコンフィグに平文で保存されますが、service password-encryptionを設定する事で暗号化されます。

 enable secretコマンドとservice-password-encryptionコマンドの暗号化の方法は異なり、シスコシステムズ社ではenable secretでの設定を推奨しています。

 デフォルトではパスワードは設定されていません。

設定例

 enable secretコマンドの設定例は以下の通りです。

Cisco(config)# enable secret test
Cisco(config)#

 上記はパスワードをtestに設定しています。

 enableコマンドで特権EXECモードに移行する時にパスワードとしてtestと入力が必要になります。

設定可能なモード

・グローバルコンフィギュレーションモード

削除

 設定を無効にするコマンドは以下の通りです。

Cisco(config)# no enable secret
Cisco(config)#

 上記でパスワードなしで特権EXECモードに移行出来るようになります。

関連ページ

・設定編「初期設定

 Catalystのパスワード、ホスト名、telnet、ssh接続等の初期設定について説明しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加