logging synchronous

CiscoルータやCatalystのlogging synchronousコマンドについて、構文や使い方を設定例交えて説明しています。

説明

 ログやデバッグの出力がコマンド入力を妨げる事があります。続けて入力してもコマンドは受け付けられますが、分かりにくいため、ログを削除してから再度入力する事も多いと思います。

ログがコマンド入力を妨げる例

 logging synchronousで同期の設定をすると入力中のコマンドを再表示してくれます。

logging synchronousの説明

 このため、ログやデバッグ出力をバックスペース等で削除してコマンドの続きを入力したりせずに済みます。

構文

 同期の構文は以下の通りです。

logging synchronous

 デフォルトは無効になっています。

設定例

 ログやデバッグ出力の同期の設定例は以下の通りです。

Cisco(config)# lone console 0
Cisco(config-line)# logging synchronous
Cisco(config-line)#

 上記でコンソール接続した時に同期が行われます。

Cisco(config)# lone vty 0 15
Cisco(config-line)# logging synchronous
Cisco(config-line)#

 上記でtelnetやsshで接続する時のvty 0 15までが同期されます。vtyの後の数字は同期したい回線番号を指定します。

利用可能なモード

・ラインコンフィギュレーションモード

削除

 ログやデバッグ出力の同期を無効にするコマンドは以下の通りです。

Cisco(config-line)# no logging synchronous
Cisco(config-line)#

 コンソールやvty等削除したいラインコンフィギュレーションモードで実行します。

関連ページ

・設定編「便利なコマンド

 ログの同期以外にも、CiscoルータやCatalystでのDNS問い合わせの停止、Moreの抑止、showコマンドのフィルタリング、デバッグ情報の表示等様々な便利なコマンドについて説明しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加