ip domain-name

CiscoルータやCatalystのip domain-nameコマンドについて、構文や使い方を設定例交えて説明しています。

説明

 ip domain-nameコマンドはCiscoルーターやCatalystが属するドメインを設定するために使います。

 例えば特権EXECモードでping 172.16.1.1と入力すると172.16.1.1にpingを行い、応答の確認が出来ます。

 DNSが有効になっていれば、ping test.example.comとドメインを利用してpingの確認が出来ます。

 DNSが有効になっているだけでは、ping testと入力してもIPアドレスに変換が出来ません。これは所属するドメインが設定されていないためです。

 ドメインを設定すれば、ping testと入力するとping test.example.comとドメインを補完した後、DNSを利用してIPアドレスに変換する事でpingの確認が出来ます。

ip domain-nameコマンドの説明

構文

 ip domain-nameコマンドの構文は以下の通りです。

ip domain-name ドメイン名

 ドメイン名は取得しているドメイン名を記述します。デフォルトでは設定されていません。

設定例

 ip domain-nameコマンドの設定例は以下の通りです。

Cisco(config)# ip domain-name example.com
Cisco(config)#

 上記はドメイン名をexample.comに設定しています。

設定可能なモード

・グローバルコンフィギュレーションモード

削除

 設定を無効にするコマンドは以下の通りです。

Cisco(config)# no ip domain-name ドメイン名
Cisco(config)#

関連ページ

・設定編「初期設定

 Catalystのパスワード、ホスト名、telnet、ssh接続等の初期設定について説明しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加