show ntp associations

CiscoルータやCatalystのshow ntp associationsコマンドについて、構文や表示された結果の見方を表示例交えて説明しています。

説明

 show ntp associationsコマンドはどのNTPサーバーと同期しているか、時刻同期がどのような状態か等の情報を参照するために使います。

show ntp associationsコマンドの説明

構文

 show ntp associationsコマンドの構文は以下の通りです。

show ntp associations

表示例

 show ntp associationsコマンドの利用例は以下の通りです。

Cisco# show ntp associations

    address  ref clock   st  when  poll  reach   delay   offset    disp
*~10.1.1.1   10.1.1.5     2    30    64    377     3.2   26.232    1.232
+~10.1.1.2   10.1.1.5     3    20    64    377     7.6   22.332    2.323

 * sys.peer, # selected, + candidate, - outlyer, x falseticker, ~ configured

Cisco#

 上記で重要なのは赤字で示した「*」で、その右に表示されているIPアドレスのNTPサーバーと同期しています。

 設定してから同期されるまでは数分かかるため、暫く時間を置いてから確認が必要です。

 stはstratumを示し、上位から何番目の階層に当たるかです。whenは何秒前に同期したか、pollは同期の間隔を秒で示しています。正常に同期されている場合、同期間隔は長くなっていきます。その他の項目はNTPサーバーとの時刻のズレの修正や精度等を示します。

利用可能なモード

・特権EXECモード

関連ページ

・設定編「初期設定

 Catalystのパスワード、ホスト名、時刻同期等の初期設定について説明しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加