show clock

CiscoルータやCatalystのshow clockコマンドについて、構文や使い方を表示例交えて説明しています。

説明

 show clockコマンドでCiscoルータやCatalystで設定した時刻、又はNTPで同期している時刻、タイムゾーンを参照出来ます。

show clockコマンドの説明

構文

 show clockコマンドの構文は以下の通りです。

show clock

表示例

 show clockコマンドの利用例は以下の通りです。

Cisco# show clock
10:10:00.000 JST Tue June 2 2015
Cisco#

 上記のように時間、タイムゾーン、曜日、月、日付、西暦の順で表示されます。

利用可能なモード

・特権EXECモード

関連ページ

・設定編「初期設定

 Catalystのパスワード、NTPサーバによる時刻同期、手動時刻設定等の初期設定について説明しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加