clock timezone

CiscoルータやCatalystのclock timezoneコマンドについて、構文や使い方を設定例交えて説明しています。

説明

 clock timezoneコマンドは地域で使う時間帯であるタイムゾーンを設定するために使います。

 日本はどこの県でも同じ時間のため、タイムゾーンは1つでJSTと呼ばれます。

 世界の基準となる時間をUTCと呼び、JSTはUTCより9時間進んでいます。

タイムゾーンの説明

 タイムゾーンを設定しないとNTPで時刻同期した時、例えばshow clockで参照すると時刻がUTC、つまり、日本時間より9時間前の時間が表示されます。

構文

 clock timezoneコマンドの構文は以下の通りです。

clock timezone 略称 時差

 略称はUTCやJST等です。

 時差はUTCからの時差で1時間進んでいるのであれば1、1時間遅れているのであれば-1等になります。

 デフォルトはUTCです。

設定例

 clock timezoneコマンドの設定例は以下の通りです。

Cisco(config)# clock timezone JST 9
Cisco(config)#

 上記で日本時間に設定されます。

設定可能なモード

・グローバルコンフィギュレーションモード

削除

 設定を無効にするコマンドは以下の通りです。

Cisco(config)# no clock timezone
Cisco(config)#

関連ページ

・設定編「初期設定

 Catalystのタイムゾーン、時刻等の初期設定について説明しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加