clock set

CiscoルータやCatalystのclock setコマンドについて、構文や使い方を設定例交えて説明しています。

説明

 clock setコマンドはCiscoルータやCatalystに日時を設定するために使います。

clock setコマンドの説明

 手動で設定した時刻はズレていくため、NTPサーバーが使える時はNTPで時刻同期する方がお奨めです。

構文

 clock setコマンドの構文は以下の通りです。

clock set hh:mm:ss 日付 月 年

 hh:mm:ssは時間:分:秒です。

 日付は1日なら1、10日なら10です。

 月は以下のように英語で指定します。

【clock setで指定する月】
指定する英語 設定される月
January 1月
February 2月
March 3月
April 4月
May 5月
June 6月
July 7月
August 8月
September 9月
October 10月
November 11月
December 12月

 年は2014等数字で指定します。

設定例

 clock setコマンドの設定例は以下の通りです。

Cisco# clock set 10:10:00 22 June 2015
Cisco#

 上記で2015年6月22日 10:10:00に時刻が設定されます。

設定可能なモード

・特権EXECモード

関連ページ

・設定編「初期設定

 Catalystのパスワード、ホスト名、NTP時刻同期、タイムゾーン等の初期設定について説明しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加