logging

CiscoルータやCatalystのloggingコマンドについて、構文や使い方を設定例交えて説明しています。

説明

 loggingコマンドを使うとSyslogサーバーのIPアドレスを設定出来ます。

 Syslogサーバーとはログを収集し、ログファイルに保存しておくサーバーです。

Syslogサーバーの説明

構文

 loggingコマンドの構文は以下の通りです。

logging IPアドレス

 IPアドレスはSyslogサーバーのIPアドレスです。Syslogサーバーは複数設定出来、複数のサーバーにログを送信出来ます。

 デフォルトではSyslogサーバーは設定されていません。

設定例

 Syslogサーバーを指定する設定例は以下の通りです。

Cisco(config)# logging 172.16.1.1
Cisco(config)#

 上記設定でIPアドレス172.16.1.1のSyslogサーバーにログが送信されます。

利用可能なモード

・グローバルコンフィギュレーションモード

削除

 Syslogサーバーの設定を削除するコマンドは以下の通りです。

Cisco(config)# no logging IPアドレス
Cisco(config)#

 上記で指定したIPアドレスのSyslogサーバーの設定のみ削除されます。

関連ページ

・設定編「初期設定

 Syslogサーバーの設定だけでなく、Catalystのパスワード、ホスト名、タイムスタンプ等、初期設定について説明しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加