service password-encryption

CiscoルータやCatalystのservice password-encryptionコマンドについて、構文や使い方を設定例交えて説明しています。

説明

 service password-encrypsionコマンドは「password パスワード」や「enable パスワード」、「username ユーザー名 password 0 パスワード」で設定したパスワードを暗号化する時に使います。

 パスワードが暗号化されていないとshow running-config等で参照出来ますが、service password-encryptionコマンドを使うと上記コマンドのパスワード部分が暗号化された文字列に変換されて表示されます。

構文

 service password-encryptionコマンドの構文は以下の通りです。

service password-encryption

 デフォルトは無効です。

設定例

 service password-encryptionコマンドの設定例は以下の通りです。

Cisco(config)# service password-encryption
Cisco(config)#

 上記コマンドの後、show running-config等でコンフィグを参照すると、例えばパスワードがtestの時でも以下のように暗号化された文字列で表示されます。

Cisco# show running-config
・・・
途中省略
・・・
password 7 Andsa90e9xmae
・・・
以下省略

 password後の7は暗号化されたパスワードである事を示しています。

設定可能なモード

・グローバルフィギュレーションモード

削除

 設定を無効にするコマンドは以下の通りです。

Cisco(config)# no service password-encryption
Cisco(config)#

関連ページ

・設定編「初期設定

 Catalystのパスワード、ホスト名、telnet、ssh接続等の初期設定について説明しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加