ntp server

CiscoルータやCatalystのntp serverコマンドについて、構文や使い方を設定例交えて説明しています。

説明

 ntp serverコマンドはNTPで時刻同期する時のNTPサーバーを設定するために使います。

ntp serverコマンドの説明

構文

 ntp serverコマンドの構文は以下の通りです。

ntp server IPアドレス

 NTPサーバーは複数設定出来ます。複数設定した場合は、どれか1つのサーバーと同期し、そのサーバーの応答がなくなると他のサーバーと同期します。

 デフォルトではNTPサーバーは設定されていません。

設定例

 ntp serverコマンドの設定例は以下の通りです。

Cisco(config)# ntp server 172.16.1.1
Cisco(config)#

 上記で172.16.1.1のサーバーと同期します。

設定可能なモード

・グローバルコンフィギュレーションモード

削除

 設定を無効にするコマンドは以下の通りです。

Cisco(config)# no ntp server IPアドレス
Cisco(config)#

 上記により、指定したサーバーの設定だけ削除されます。

関連ページ

・設定編「初期設定

 NTPサーバーの設定等、Catalystの初期設定について説明しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加