password

CiscoルータやCatalystのpasswordコマンドについて、構文や使い方を設定例交えて説明しています。

説明

 passwordコマンドはCiscoルータやCatalystにコンソールやtelnetで接続する時のパスワードを設定するために使います。

 パスワードを設定するとログイン時にパスワード入力が必要になります。

Press RETERN to get started.

User Access Verification

Password:*******

構文

 passwordコマンドの構文は以下の通りです。

password パスワード

 パスワードとして設定出来る最大文字数は25文字です。英字で始まり、途中と最後は英数字が使えます。又、大文字と小文字は区別されます。

 デフォルトではパスワードは設定されていません。

設定例

 passwordコマンドの設定例は以下の通りです。

Cisco(config-line)# password test
Cisco(config-line)#

 上記はパスワードをtestに設定しています。

 コンソール接続やtelnet接続した時にパスワードとしてtestと入力が必要になります。

 尚、実際にパスワードを有効にするためにはloginコマンドが設定されている必要があります。

 又、パスワードはshow running-config等で確認すると、平文で表示されます。暗号化するためにはservice password-encryptionコマンドを使う必要があります。

設定可能なモード

・ラインコンフィギュレーションモード

削除

 設定を無効にするコマンドは以下の通りです。

Cisco(config-line)# no password
Cisco(config-line)#

 上記でパスワードが削除されますが、パスワードなしでログイン出来るかはloginコマンドの設定に寄ります。

関連ページ

・設定編「初期設定

 Catalystのパスワード、ホスト名、telnet、ssh接続等の初期設定について説明しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加