spanning-tree vlan

Catalystのspanning-tree vlanコマンドについて、構文や使い方を設定例交えて説明しています。

説明

 Catalystでspanning-tree vlanコマンドによりスパニングツリーを利用するVLANを指定出来ますが、デフォルトでは全てのVLANがスパニングツリーを利用します。

 このため、通常はnoを付けてスパニングツリーを利用しないVLANを定義するために使います。

構文

 spanning-tree vlanコマンドの構文は以下の通りです。

spanning-tree vlan "VLAN-ID"

 VLAN-IDは1,5、1-10と記述すると、それぞれ1と5、1〜10と複数指定になります。

利用例

 spanning-tree vlanコマンドの利用例は以下の通りです。

Cisco(config)# spanning-tree vlan 10-20
Cisco(config)#

 VLAN10〜20がスパニングツリーに組み込まれます。

 デフォルトでは全てのVLANがスパニングツリーに組み込まれているため、noを付けてスパニングツリーから外しており、再度組み込む際に上記の設定を行います。

利用可能なモード

・グローバルコンフィギュレーションモード

削除

 設定を無効にするコマンドは以下の通りです。

Cisco(config)# no spanning-tree vlan "VLAN-ID"
Cisco(config)#

 上記により、指定したVLANだけスパニングツリーを利用しなくなります。

 スパニングツリーから外したVLANでループが発生すると、ブロードキャストストームになる可能性があるため留意が必要です。

関連ページ

・設定編「スパニングツリーの設定

 CatalystのPVST+、Rapid PVST+、MSTPの設定方法について説明しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加