spanning-tree mst configuration

Catalystのspanning-tree mst configurationコマンドについて、構文や使い方を利用例交えて説明しています。

説明

 CatalystでMSTPを設定する際にMSTコンフィギュレーションモードに移行する必要があります。

 spanning-tree mst configurationコマンドによりMSTコンフィギュレーションモードに移行して、インスタンス番号やリージョンの定義等が行えるようになります。

MSTコンフィギュレーションモードの説明

構文

 spanning-tree mst configurationコマンドの構文は以下の通りです。

spanning-tree mst configuration

利用例

 spanning-tree mst configurationコマンドの利用例は以下の通りです。

Cisco(config)# spanning-tree mst configuration
Cisco(config-mst)#

 上記の通りmstを含んだプロンプトになり、MSTコンフィギュレーションモードに移行します。

 この後、インスタンス番号等の定義が出来ます。

 同じリージョンに属するスイッチではインスタンス、リージョン名、リビジョン番号の設定を統一する必要があります。

利用可能なモード

・グローバルコンフィギュレーションモード

削除

 設定を無効にするコマンドは以下の通りです。

Cisco(config)# no spanning-tree mst configuration
Cisco(config)#

 上記により設定したインスタンス番号等MSTPの定義が無効になります。

関連ページ

・設定編「スパニングツリーの設定

 CatalystのPVST+、Rapid PVST+、MSTPの設定方法について説明しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加