spanning-tree portfast

Catalystのspanning-tree portfastコマンドについて、構文や使い方を設定例交えて説明しています。

説明

 スパニングツリーではブロッキングからフォワーディングになるまで一定の時間が必要です。

 ツイストペアケーブルを接続した際に、フォワーディングになるまで暫く通信出来ないと不便です。又、パソコンを起動した際に、暫く通信出来ないとDHCPによるIPアドレス取得が失敗する可能性があります。

 spanning-tree portfastコマンドによりPortFastを設定出来ます。PortFastが有効なインターフェースでは、すぐにフォワーディングとなって通信が可能になります。

FortFastの説明

 PortFastを設定したインターフェースに間違ってスイッチが接続されてBPDUを受信した場合、通常のスパニングツリー構成での起動が開始されます。

 PortFastはPVST+、Rapid PVST+、MSTPで利用出来ます。

構文

 spanning-tree portfastコマンドの構文は以下の通りです。

spanning-tree portfast [ default | disable ]

 インターフェースコンフィギュレーションモードでspanning-tree portfastと設定すると、指定したインターフェースでPortFastが有効になります。

 グローバルコンフィギュレーションモードでspanning-tree portfast defaultと設定すると、全てのインターフェースでPortFastが有効になります。この時、インターフェースコンフィギュレーションモードでspanning-tree portfast disableと設定すると、指定したインターフェースだけ無効にする事が出来ます。殆どのインターフェースをパソコンやサーバーに接続し、一部のインターフェースだけスイッチに接続する場合等に使います。

 デフォルトではPortFastの設定はされていません。

設定例

 gi0/1のインターフェースでPortFastを有効にする定義は以下の通りです。

Cisco(config)# interface gigabitethernet0/1
Cisco(config-if)# spanning-tree portfast
Cisco(config-if)#

 デフォルトでPortFastを有効にし、gi0/24だけ無効にする定義は以下の通りです。

Cisco(config)# spanning-tree portfast default
Cisco(config)# interface gigabitethernet0/24
Cisco(config-if)# spanning-tree portfast disable
Cisco(config-if)#

利用可能なモード

・グローバルコンフィギュレーションモード

 spanning-tree portfast default

・インターフェースコンフィギュレーションモード

 spanning-tree portfast、spanning-tree portfast disable

削除

 インターフェースで指定したPortFastの設定を削除するコマンドは以下の通りです。

Cisco(config-if)# no spanning-tree portfast
Cisco(config-if)#

 上記は設定を削除するコマンドでPortFastを無効にするコマンドではありません。

 このため、spanning-tree portfast defaultが設定されていない状態ではPortFastが無効になりますが、spanning-tree portfast defaultが設定されている場合はPortFastが有効になります。

 spanning-tree portfast defaultの設定に関わらず無効にする場合はspanning-tree portfast disableを使います。

 グローバルコンフィギュレーションモードで指定したPortFastの設定を無効にするコマンドは以下の通りです。

Cisco(config)# no spanning-tree portfast default
Cisco(config)#

関連ページ

・設定編「スパニングツリーの設定

 CatalystのPVST+、Rapid PVST+、MSTPの設定方法について説明しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加