spanning-tree mst priority

Catalystのspanning-tree mst priorityコマンドについて、構文や使い方を設定例交えて説明しています。

説明

 スイッチでは優先度を基にMSTPのルートブジッリを決めています。

 spanning-tree mst priorityコマンドによりCatalystに優先度を設定する事が出来ます。

MSTPプライオリティの説明

構文

 spanning-tree mst priorityコマンドの構文は以下の通りです。

spanning-tree mst インスタンス番号 priority プライオリティ

 インスタンス番号はMSTコンフィギュレーションモードで設定する「instance」で指定した番号で1〜4094までの範囲です。

 プライオリティで設定出来る値の例は4096、8192、12288、16384、20480、24576、28672、32768、36864、40960、45056、49152、53248、57344、61440等です。

 デフォルトは32,768で、数字が小さい方が優先度が高くなり、ルートブリッジになります。

設定例

 インスタンス1でプライオリティを4096にする定義は以下の通りです。

Cisco(config)# spanning-tree mst 1 priority 4096
Cisco(config)#

 周囲のスイッチがデフォルトやプライオリティの数字が4096より大きい場合、上記を設定したスイッチがルートブリッジになります。

 他のスイッチでインスタンス2に対して同様の設定を行うと、インスタンス1と2で異なるスイッチをルートブリッジにする事が出来ます。

利用可能なモード

・グローバルコンフィギュレーションモード

削除

 設定を無効にするコマンドは以下の通りです。

Cisco(config)# no spanning-tree mst インスタンス番号 priority
Cisco(config)#

 上記により指定したインスタンス番号だけデフォルトに戻ります。

関連ページ

・設定編「スパニングツリーの設定

 CatalystのPVST+、Rapid PVST+、MSTPの設定方法について説明しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加