spanning-tree mst cost

Catalystのspanning-tree mst costコマンドについて、構文や使い方を設定例交えて説明しています。

説明

 スイッチでMSTPによりブロッキングにしたいインターフェースを調整する際は、コストを利用する事が出来ます。

 spanning-tree mst costコマンドによりCatalystにMSTPのコストを設定する事が出来ます。

MSTPコストの説明

構文

 spanning-tree mst costコマンドの構文は以下の通りです。

spanning-tree mst インスタンス番号 cost コスト

 インスタンス番号はMSTコンフィギュレーションモードで設定する「instance」で指定した番号で1〜4094までの範囲です。

 コストは1〜200,000,000の間で指定出来ます。

 MSTPではロングパスコストが使われ、デフォルトのコストは以下になります。

【ロングパスコストのデフォルト】
速度 コスト
10Mbps 2,000,000
100Mbps 200,000
1Gbps 20,000
10Gbps 2,000

設定例

 gi0/1のインターフェースでインスタンス1のコストを30000にする定義は以下の通りです。

Cisco(config)# interface gigabitethernet0/1
Cisco(config-if)# spanning-tree mst 1 cost 30000
Cisco(config-if)#

 複数のインスタンスに対して異なるコストを設定する事が出来ます。

利用可能なモード

・インターフェースコンフィギュレーションモード

削除

 設定を無効にするコマンドは以下の通りです。

Cisco(config-if)# no spanning-tree mst インスタンス番号 cost
Cisco(config-if)#

 上記により指定したインスタンスがデフォルトのコストに戻ります。

関連ページ

・設定編「スパニングツリーの設定

 CatalystのPVST+、Rapid PVST+、MSTPの設定方法について説明しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加