name(MSTP)

CatalystのMSTコンフィギュレーションモードで使うnameコマンドについて、構文や使い方を設定例交えて説明しています。

説明

 MSTPはリージョン毎に構成されます。

 nameコマンドでリージョン名を設定可能で、同じリージョンに属するスイッチではインスタンス番号、リージョン名、リビジョン番号の設定を統一する必要があります。

 異なるリージョン間を接続した場合、各リージョンは1つのスイッチのように動作し、リージョン間でスパニングツリーが動作します。

STPリージョンの説明

 リージョン内でVLAN毎にスパニングツリーを構成したい場合はインスタンスを分けます。

構文

 nameコマンドの構文は以下の通りです。

name リージョン名

 リージョン名は最大 32 文字で大文字と小文字が区別されます。

 リージョン名が一致していないと同じリージョンに組み込まれないため、通常はMSTPを構成するスイッチでは全て同じリージョン名にします。

設定例

 nameコマンドはMSTコンフィギュレーションモードに移行して使います。設定例は以下の通りです。

Cisco(config)# spanning-tree mst configuration
Cisco(config-mst)# name mst1
Cisco(config-mst)#

 上記ではリージョン名をmst1にしています。

 リージョン名を同じmst1にしたスイッチ間でBPDUのやりとりを行い、ルートブリッジ、ブロッキング等が決まります。

 リージョンが異なると、異なるルートブリッジやブロッキングを構成します。

利用可能なモード

・MSTコンフィギュレーションモード

削除

 設定を削除するコマンドは以下の通りです。

Cisco(config-mst)# no name
Cisco(config-mst)#

 上記によりリージョン名の設定が削除されます。

関連ページ

・設定編「スパニングツリーの設定

 CatalystのPVST+、Rapid PVST+、MSTPの設定方法について説明しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加