spanning-tree cost

Catalystのspanning-tree costコマンドについて、構文や使い方を設定例交えて説明しています。

説明

 スイッチでスパニングツリーによりブロッキングにしたいインターフェースを調整する際は、コストを利用する事が出来ます。

 spanning-tree costコマンドによりCatalystにPVST+やRapid PVST+のコストを設定する事が出来ます。

STPコストの説明

 MSTPでコストを設定する場合はspanning-tree mst costコマンドを使います。

構文

 spanning-tree costコマンドの構文は以下の通りです。

spanning-tree [ vlan "VLAN-ID" ] cost コスト

 VLAN-IDは1,5、1-10と記述すると、それぞれ1と5、1〜10と複数指定になります。省略すると全てのVLANにコストが適用されます。

 コストは1〜200,000,000の間で指定出来ます。

 デフォルトのコストはインターフェース毎に違い、PVST+やRapid PVST+では以下になります。

【ショートパスコストのデフォルト】
帯域 コスト
10Mbps 100
100Mbps 19
1Gbps 4
10Gbps 2

設定例

 gi0/1のインターフェースでコストを100にする定義は以下の通りです。

Cisco(config)# interface gigabitethernet0/1
Cisco(config-if)# spanning-tree cost 100
Cisco(config-if)#

 gi0/1がトランクポートでVLAN10〜20だけコストを20にする定義は以下の通りです。

Cisco(config)# interface gigabitethernet0/1
Cisco(config-if)# spanning-tree vlan 10-20 cost 20
Cisco(config-if)#

 上記でVLAN10〜20はコストが20になりますが、その他のVLANはデフォルトのコストが適用されます。

利用可能なモード

・インターフェースコンフィギュレーションモード

削除

 設定を無効にするコマンドは以下の通りです。

Cisco(config-if)# no spanning-tree [ vlan "VLAN-ID" ] cost
Cisco(config-if)#

 上記によりデフォルトのコストに戻ります。

関連ページ

・設定編「スパニングツリーの設定

 CatalystのPVST+、Rapid PVST+、MSTPの設定方法について説明しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加