switchport trunk allowed vlan

Catalystのswitchport trunk allowed vlanコマンドについて、構文や使い方を設定例交えて説明しています。

説明

 switchport trunk allowed vlanコマンドを使うとトランクポートで使うVLANの許可設定が出来ます。

switchport trunk allowed vlanコマンドの説明

 許可されたVLANだけが通信可能です。

構文

 switchport trunk allowed vlanコマンドの構文は以下の通りです。

switchport trunk allowed vlan [ add | remove ] "VLAN-ID"

 addやremoveが無い場合は指定したVLANだけ許可します。addがある場合は現在許可しているVLANに追加されます。removeは現在許可されているVLANを不許可にして通信出来なくします。VLAN-IDは1,5、1-10と記述すると、それぞれ1と5、1〜10と複数指定になります。

 デフォルトは全てのVLANが許可された状態です。

設定例

 Gi0/1でVLAN1-10だけを許可する設定は以下の通りです。

Cisco(config)# interface gigabitethernet0/1
Cisco(config-if)# switchport trunk allowed vlan 1-10

 更にVLAN20-30を追加で許可する設定は以下の通りです。

Cisco(config-if)# switchport trunk allowed add vlan 20-30

 VLAN10を不許可にする設定は以下の通りです。

Cisco(config-if)# switchport trunk allowed remove vlan 10

利用可能なモード

・インターフェースコンフィギュレーションモード

 ※物理インターフェースやポートチャネルに設定可能です。

削除

 設定を無効にするコマンドは以下の通りです。

Cisco(config-if)# no switchport trunk allowed vlan
Cisco(config-if)#

 設定をデフォルトに戻し、全てのVLANが許可されます。

関連ページ

・設定編「VLANの設定

 CatalystのVTPやVLANの設定について説明しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加