shutdown

CiscoルータやCatalystのshutdownコマンドについて、構文や使い方を設定例交えて説明しています。

説明

 shutdownコマンドを使うと物理インターフェースやVLANインターフェース等をダウンさせる事が出来ます。

shutdownコマンドの説明

 ダウンした物理インターフェースはケーブルを接続しても通信出来ないため、不正な接続を防いでセキュリティを高める事も出来ます。

 又、VLANインターフェースをダウンさせて一時的に使えなくするといった使い方も出来ます。

 尚、エラーを検知してインターフェースが使えないerr-disable状態となった物理インターフェースは、デフォルトの状態では一度shutdownさせ、no shutdownで通信出来るようにする必要があります。

構文

 shutdownコマンドの構文は以下の通りです。

shutdown

 デフォルトはCiscoルータの多くやCatalystの一部シャーシ型ではshutdown、ボックス型等多くのCatalystではno shutdownです。

設定例

 gi0/1をダウンさせる設定例は以下の通りです。

Cisco(config)# interface gigabitethernet0/1
Cisco(config-if)# shutdown

 VLAN10をダウンさせる設定例は以下の通りです。

Cisco(config)# interface vlan 10
Cisco(config-if)# shutdown

利用可能なモード

・インターフェースコンフィギュレーションモード

 ※物理インターフェースやVLANインターフェース、ポートチャネルインターフェースに設定可能です。

削除

 設定を無効にするコマンドは以下の通りです。

Cisco(config-if)# no shutdown
Cisco(config-if)#

 上記によりインターフェースがアップし、使えるようになります。デフォルトが装置や設定する対象によって異なるため、インターフェースを使う場合はno shutdown、使わない場合はshutdownと明示的にコマンドを投入すると間違いが少なくなります。

関連ページ

・設定編「VLANの設定

 CatalystのVTPやVLANの設定を説明し、インターフェースを有効にする方法について説明しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加