switchport trunk encapsulation

Catalystのswitchport trunk encapsulationコマンドについて、構文や使い方を設定例交えて説明しています。

説明

 switchport trunk encapsulationコマンドを使うとトランクポートで使うカプセル化形式を設定出来ます。

 トランクポートのカプセル化形式とは、タグVLANを使う時のフレームの形式です。

カプセル化形式の説明

 シスコ独自の形式と標準化された形式があります。

構文

 switchport trunk encapsulationコマンドの構文は以下の通りです。

switchport trunk encapsulation カプセル化形式

 カプセル化形式としてシスコ独自のisl、標準化された802.1q形式のdot1qを指定出来ます。

 他社機と接続する場合はdot1qの指定が必須です。Catalyst間の接続でも最近は殆どdot1qが使われています。

 デフォルトは自動で接続先とisl優先でネゴシエーションします。

 又、Catalyst2960等、dot1qだけサポートしており、コマンド自体が使えないスイッチもあります。

設定例

 Gi0/1のカプセル化形式をdot1qに設定する例は以下の通りです。

Cisco(config)# interface gigabitethernet0/1
Cisco(config-if)# switchport trunk encapsulation dot1q

利用可能なモード

・インターフェースコンフィギュレーションモード

 ※物理インターフェースやポートチャネルに設定可能です。

削除

 設定を無効にするコマンドは以下の通りです。

Cisco(config-if)# no switchport trunk encapsulation
Cisco(config-if)#

 上記によりデフォルトのネゴシエーションに戻ります。

関連ページ

・設定編「VLANの設定

 CatalystのVTPやVLANの設定について説明しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加