switchport

Catalystのswitchportコマンドについて、構文や使い方を設定例交えて説明しています。

説明

 switchportコマンドを使うと物理インターフェースをレイヤー2に設定出来ます。

 レイヤー2にする事でVLANを割り当てる等、L2レベルの設定が可能になります。

レイヤー2インターフェースの説明

 Catalyst2960シリーズの一部等、L2を基本としたスイッチではデフォルトで物理インターフェースがレイヤー2に設定されており、変更出来ません。従ってswitchportコマンドもサポートされていません。

構文

 switchportコマンドの構文は以下の通りです。

switchport

 ボックス型のスイッチでは通常、レイヤー2がデフォルトです。

 シャーシ型の一部では物理インターフェースがデフォルトでレイヤー3に設定されています。この場合、switchportコマンドでレイヤー2に設定しないとVLANを割り当てる事が出来ません。

 例えば、Catalyst6500ではレイヤー3がデフォルトですが、Catalyst4500ではデフォルトがレイヤー2です。

設定例

 Gi0/1をレイヤー2に設定する例は以下の通りです。

Cisco(config)# interface gigabitethernet0/1
Cisco(config-if)# switchport

利用可能なモード

・インターフェースコンフィギュレーションモード

削除

 設定を無効にするコマンドは以下の通りです。

Cisco(config-if)# no switchport
Cisco(config-if)#

 上記により物理インターフェースがレイヤー3に設定され、物理インターフェースに直接IPアドレスを設定する事が出来るようになります。

レイヤー3インターフェースの説明

関連ページ

・設定編「VLANの設定

 CatalystのVTPやVLANの設定について説明しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加