switchport mode

Catalystのswitchport modeコマンドについて、構文や使い方を設定例交えて説明しています。

説明

 switchport modeコマンドを使うとインターフェースをアクセスポート、又はトランクポートに設定出来ます。

アクセスポート、トランクポートの説明

 又、アクセスポート、トランクポートかを自動で決定する事も出来ます。

構文

 switchport modeコマンドの構文は以下の通りです。

switchport mode モード

 モードは以下が設定可能です。

【switchportのモード】
モード 意味
access アクセスポートになる
trunk トランクポートになる
dynamic auto 可能な限りアクセスポートになる
dynamic desirable 可能な限りトランクポートになる

 dynamic autoは接続先がtrunkやdynamic desirableでない場合、アクセスポートになります。つまり、dynamic auto間の接続はアクセスポートになります。

 dynamic desirableは接続先がaccessでない場合、トランクポートになります。つまり、dynamic desirable間の接続はトランクポートになります。

 表にすると以下の通りです。

【dynamicの挙動】
モード acceee trunk dynamic auto dynamic desirable
dynamic auto アクセス トランク アクセス トランク
dynamic desirable アクセス トランク トランク トランク

 デフォルトは機種によって異なります。ボックス型では一般的にdynamic autoです。一部のシャーシ型ではデフォルトはdynamic desirableです。

設定例

 Gi0/1をアクセスポートに設定する例は以下の通りです。

Cisco(config)# interface gigabitethernet0/1
Cisco(config-if)# switchport mode access

 Gi0/1をトランクポートに設定する例は以下の通りです。

Cisco(config)# interface gigabitethernet0/1
Cisco(config-if)# switchport mode trunk

 Gi0/1をdynamic autoに設定する例は以下の通りです。

Cisco(config)# interface gigabitethernet0/1
Cisco(config-if)# switchport mode dynamic auto

 Gi0/1をdynamic desirableに設定する例は以下の通りです。

Cisco(config)# interface gigabitethernet0/1
Cisco(config-if)# switchport mode dynamic desirable

利用可能なモード

・インターフェースコンフィギュレーションモード

 ※物理インターフェースやポートチャネルインターフェースに設定可能です。

削除

 設定を無効にするコマンドは以下の通りです。

Cisco(config-if)# no switchport mode
Cisco(config-if)#

 上記によりデフォルトに戻ります。

関連ページ

・設定編「VLANの設定

 CatalystのVTPやVLANの設定について説明しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加