switchport trunk native vlan

Catalystのswitchport trunk native vlanコマンドについて、構文や使い方を設定例交えて説明しています。

説明

 トランクポートではタグでVLAN IDを判別しますが、タグがないフレームも送受信出来ます。これをネイティブVLANと呼びます。一般的にネイティブVLANの番号は1です。

switchport trunk native vlanコマンドの説明

 ネイティブVLANのフレームを送信する時はタグ無しで送信し、タグ無しフレームを受信するとネイティブVLANと判断します。このため、ネイティブVLANの番号は送受信装置で一致している必要があります。

 switchport trunk native vlanコマンドを使うと、ネイティブVLANの番号を変更出来ます。

構文

 switchport trunk native vlanコマンドの構文は以下の通りです。

switchport trunk native vlan "VLAN-ID"

 VLAN-IDの指定範囲は、殆どの機種がデフォルトで1〜4094です。

 デフォルトは1です。

設定例

 ネイティブVLANを10にする設定例は以下の通りです。

Cisco(config)# interface gigabitethernet0/1
Cisco(config-if)# switchport trunk native vlan 10

 上記でgi0/1のインターフェースではVLAN 10をタグなしで送受信するようになります。

利用可能なモード

・インターフェースコンフィギュレーションモード

 ※物理インターフェースやポートチャネルに設定可能です。

削除

 設定を無効にするコマンドは以下の通りです。

Cisco(config-if)# no switchport trunk native vlan
Cisco(config-if)#

 設定をデフォルトに戻し、VLAN1がネイティブVLANになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加