ip address

CiscoルータやCatalystのip addressコマンドについて、構文や使い方を設定例交えて説明しています。

説明

 ip addressコマンドはインターフェースにIPアドレスを設定するために使います。

ip addressコマンドの説明

 Catalystでは通常、VLANインターフェースにIPアドレスを設定します。

Catalystでのip addressコマンドの説明

構文

 ip addressコマンドの構文は以下の通りです。

ip address IPアドレス サブネットマスク

 デフォルトでは設定されていません。

設定例

 ip addressコマンドの設定例は以下の通りです。

Cisco(config)# interface gigabitethernet0/1
Cisco(config-if)# ip address 172.16.1.1 255.255.255.0
Cisco(config-if)#

 上記はgi0/1にIPアドレス172.16.1.1、サブネットマスク255.255.255.0を設定しています。

 VLANインターフェースにIPアドレスを設定する場合の例は以下の通りです。

Cisco(config)# interface vlan 10
Cisco(config-if)# ip address 172.16.2.1 255.255.255.0
Cisco(config-if)#

 上記はVLAN 10にIPアドレス172.16.2.1、サブネットマスク255.255.255.0を設定しています。

 通常はルータで物理インターフェースにIPアドレスを設定し、CatalystではVLANインターフェースに設定します。

 ループバックインターフェースにIPアドレスを設定する場合の例は以下の通りです。

Cisco(config)# interface loopback 0
Cisco(config-if)# ip address 172.16.3.1 255.255.255.0
Cisco(config-if)#

 ループバックインターフェースは装置内部の仮想的なインターフェースで、他の装置に接続していないため、ルータやCatalystが起動している間はダウンしない安定したインターフェースです。

 物理インターフェース、VLANインターフェース、ループバックインターフェースに設定したIPアドレス、及びサブネットマスクから計算されるサブネットは、ルーティングが有効な場合、ルーティングテーブルに反映されます。

設定可能なモード

・インターフェースコンフィギュレーションモード

 ※物理インターフェースやループバックインターフェース、VLANインターフェース等で設定可能です。

削除

 設定を無効にするコマンドは以下の通りです。

Cisco(config-if)# no ip address IPアドレス サブネットマスク
Cisco(config)#

関連ページ

・設定編「初期設定

 IPアドレスやデフォルトゲートウェイの設定以外にも、Catalystのパスワード、telnet、ssh接続等の初期設定について説明しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加