switchport access vlan

Catalystのswitchport access vlanコマンドについて、構文や使い方を設定例交えて説明しています。

説明

 switchport access vlanコマンドを使うと物理インターフェースやポートチャネルにVLANを割り当てる事が出来ます。

アクセスポートの説明

 アクセスポートの時はデフォルトはVLAN1が割り当てられますが、switchport access vlanコマンドによりVLAN10等異なるVLANを割り当てる事が出来ます。

 又、switchpoort modeがaccessでなくても設定出来ます。例えば、switchport mode dynamic autoの設定がしてあり、接続先のスイッチがswitchport mode dynamic desirableに設定しているとトランクポートになりますが、接続先が変更されてアクセスポートに変わりるとswitchport access vlanで設定されたVLANが割り当てられます。

構文

 switchport access vlanコマンドの構文は以下の通りです。

switchport access vlan "VLAN-ID"

 VLAN-IDの指定範囲は殆どの機種はデフォルトで1〜4094です。

 デフォルトではVLAN 1が割り当てられています。

設定例

 Gi0/1にVLAN10を割り当てる設定例は以下の通りです。

Cisco(config)# interface gigabitethernet0/1
Cisco(config-if)# switchport access vlan 10

利用可能なモード

・インターフェースコンフィギュレーションモード

 ※物理インターフェースやポートチャネルインターフェースに設定可能です。

削除

 設定を無効にするコマンドは以下の通りです。

Cisco(config-if)# no switchport access vlan
Cisco(config-if)#

 上記によりデフォルトのVLAN1が割り当てられます。

関連ページ

・設定編「VLANの設定

 CatalystのVTPやVLANの設定について説明しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加