家庭内ネットワークの構築 - ケーブルの接続

家庭内ネットワークを構築する時の接続について説明します。

 インターネットとの接続方法は様々ですが、家庭で利用する場合は主にADSLかFTTH(光)をプロバイダと契約してインターネットと接続します。

 フレッツのように回線を貸してプロバイダが別という場合は、PPPoEというプロトコルを使ってプロバイダに接続します。

家庭内ネットワーク - 接続1

 PPPoEはフレームの中にプロバイダや契約した時に貰えるユーザー情報等を付加しているため、プロバイダ側でフレームの情報を見て正規契約者と判断した通信だけ許可します。

インターネットとの接続

 回線を契約した際にモデムや回線終端装置といった機器を貸し出して貰えますが、これを自宅の壁のパネルにケーブルで接続します。

家庭内ネットワーク - 接続2

 接続するケーブルはADSLであれば電話線です。

 FTTHは種類があり、家庭まで光ケーブルで直接接続されているタイプ、途中までは光ケーブルですが途中から電話線やツイストペアケーブルに変換されて家庭まで接続されているタイプがあり、それぞれタイプに合わせて光ケーブル、電話線、ツイストペアケーブルで接続します。

 ツイストペアケーブル、光ケーブルの詳細は、応用編の「ツイストペアケーブル」、「光ケーブル」をご参照下さい。

 尚、以降はモデム、又は回線終端装置をモデムで統一します。

家庭内の接続

 家庭内ではモデムにパソコン、パソコンが直接接続出来ない場合は無線親機、電話にも加入している場合は電話を接続します。

家庭内ネットワーク - 接続3

 電話とは電話線、パソコンや無線親機とはツイストペアケーブルで接続します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加