ARPの確認

通信の開始時にはARPにより通信相手のMacアドレスを調べ、一時的にARPテーブルに保存します。本項ではARPの確認について実技を交えて説明します。

試験環境

 試験環境はパソコンがあり、ルーターを兼用するモデムからインターネットに接続しているよくある一般家庭のネットワークを想定しています。

サブネット範囲の確認1

 パソコンはモデム兼ルーターからDHCPでIPアドレスを取得していてインターネットへの接続は問題ない前提です。

試験

 モデム兼ルーターにpingする前のARPテーブルとpingした後のARPテーブル違いをarpコマンドにより確認して下さい。

【試験】
コマンドプロンプト

C:\>

 コマンドはpingとarpコマンドだけ対応しています。

解説

 パソコンには最初モデム兼ルーターのMacアドレスはARPテーブルに登録されていないため、arp -aコマンドを実行しても「ARP エントリが見つかりませんでした。」と表示されます。

 ping 192.168.1.1を実行するとモデム兼ルーターのMacアドレスがARPテーブルに保存されるため、arp -aコマンドを実行するとモデム兼ルーターのMacアドレスが表示されます。これはpingを実行するためにはARPにより通信相手のMacアドレスを知る必要があるためです。

 arp -dコマンドを実行するとARPテーブルから削除されるため、arp -aコマンドを実行しても「ARP エントリが見つかりませんでした。」と表示されます。

 自宅でも簡単に出来る確認なので実際にやってみると理解が深まると思います。実際の環境ではpingをしなくてもARPテーブルに登録されてしまう事があります。その場合はarp -dで削除してすぐにarp -aを実行して下さい。

サイト関連1

基本編「ARP

キーマンズネット1

初級ネットワーク講座「ARPの機能とデフォルトゲートウェイ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加