レイヤー

ネットワークは階層構造として説明される事があります。本項では階層構造を示すレイヤーについて説明します。

レイヤー

 ネットワークを説明するためにレイヤーという言葉が使われる事があります。レイヤーとは層の事でネットワークを階層構造として考えます。

 これまで出てきた内容でMacアドレスはレイヤー2に当たります。IPアドレスはレイヤー3であり、ポート番号はレイヤー4です。

 フレームが作られる時、まずはポート番号が付与され、次にIPアドレス、Macアドレスのように処理されていきます。下に降りていく程情報が追加されていきます。

レイヤー1

 追加される情報をヘッダと言います。例えばIPアドレス等の情報はIPヘッダと呼ばれます。

機器によって見るレイヤーが違う

 スイッチではレイヤー2であるMacアドレスを見て送信先のインターフェースを決定し、ルーターではレイヤー3であるIPアドレスを見て送信先を決定します。送信先ではMacアドレスを見て自分宛てか判断し、次にIPアドレスでも判断し、ポート番号を見てどのサービス向けかを判断します。

レイヤー2

 このように機器によって扱うレイヤーが異なります。

 尚、レイヤー1は結線等の物理的なものを指します。

 最近では、レイヤー3まで見てルーティングするL3スイッチ、レイヤー4まで見てルーティングするL4ルーター等もあります。

キーマンズネット1

ネットワーク早わかり講座「第7回 OSI参照モデル概論とEDIの基礎知識
図解で分かるIT製品入門「さりげなく佇む頼れる奴。「L3スイッチ」
今週の立ち読み製品「スグ解る!「レイヤー3スイッチ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加