家庭内ネットワークの構築 - 機器の役割

家庭内ネットワークを構築する時の機器の役割について説明します。

モデムがルーターの場合

 モデムがルーターの機能を持っている場合、モデムがプロバイダのサーバーからDHCPやPPPoEを利用してIPアドレス等の情報を取得し、インターネットとの接続インターフェースのアドレスとして利用します。このアドレスはインターネットと通信するためグローバルアドレスです。

 モデム自体もDHCPサーバーになる事が可能で、パソコンはモデムからIPアドレス等の情報を取得します。このアドレスはプライベートアドレスです。

 このためモデムはNAPTの機能も持っています。又、ファイアウォールの機能でセキュリティを確保する事も可能で、優先DNSサーバーとしても機能出来ます。

家庭内ネットワーク - 機器の役割1

 フレッツ等でPPPoEを利用する必要がある場合、ルーターがPPPoEを付加してインターネットと通信します。

 尚、モデムにはツイストペアケーブルを接続するインターフェースが複数ある場合がありますが、どのインターフェースに接続しても同じサブネットになります。モデムにはルーターの機能の他にスイッチの機能も含まれており、ルーターの機能でネットワークを分けますが、スイッチの機能ではサブネットは分けないためです。ローカルアドレスがサブネットになるため、複数パソコンやプリンターを接続して家庭内の機器間で通信が出来ます。

家庭内ネットワーク - 機器の役割2

モデムがルーターの機能を持たない場合

 モデムがルーターの機能を持たない場合、パソコンがプロバイダのサーバーからDHCPやPPPoEを利用してIPアドレス等の情報を取得します。このためパソコン自体にグローバルアドレスが割り振られ、優先DNSサーバーはプロバイダのDNSサーバーになります。

家庭内ネットワーク - 機器の役割3

 フレッツ等でPPPoEを利用する必要がある場合、パソコンでPPPoEを付加する必要があるため、専用のソフトウェアや設定等が必要になります。

 又、モデムがルーターの機能を持たない場合、NAPTもファイアウォールもないため、インターネットから直接パソコンのIPアドレスに通信する事が可能です。攻撃の対象にもなるため、パソコンにファイアウォールの機能を持ったソフトウェアを入れるか、モデムとパソコンの間にルーターを入れます。無線LANが必要な場合はルーターと無線の機能を兼ねた機器もあります。ルーターを入れた場合はパソコンのアドレスはプライベートアドレスとなり、モデムがルーターの機能を持つ場合と同様の役割になります。このため、プライベートアドレスを使って自由に複数台のパソコンやプリンターが接続可能になります。

家庭内ネットワーク - 機器の役割4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加