家庭内ネットワークの構築 - フレッツ光での接続と設定

家庭内ネットワークをフレッツ光で構築する時の接続や設定について説明したページです。無線LANを接続する時の接続や設定も説明しています。又、設定せずに無線を接続するWPSについても説明しています。

フレッツ光での接続

 フレッツ光での接続方法は様々ですが、ここではひかり電話と無線LANを使う場合の例を示します。

家庭内ネットワークの構築 - フレッツ光での接続と設定1

 つまり、「家庭内ネットワークの構築 - 機器の役割」で示した「モデムがルーターの場合」に当たります。

 プロバイダによってはユニットが接続される場合があります。

家庭内ネットワークの構築 - フレッツ光での接続と設定2

 フレッツ光の申し込みはプロバイダから直接行うより安いサイトもあります。又、店頭で電化製品等を購入された場合に合わせて申し込むのもお得です。交渉次第ではかなり値引きして貰えます。

ルーターの設定

 フレッツ光を契約するとルーターまでの接続、及び設定はやってもらえます。プロバイダによってはユニットが付属しますが、ユニットまでの接続、及び設定もやってもらえます。このため、特に設定は不要です。

 ユニットが付属する場合、ユニットにもレンタル料がかかる場合があります。ひかり電話をオプションで契約している場合、電話はユニットでなくルーターに接続しても使えます。このため、ユニットのレンタル料がかからないように返却する場合はルーターの設定変更が必要です。

家庭内ネットワークの構築 - フレッツ光での接続と設定3

 ルーターの電話を接続するインターフェースに電話を接続し、通話が出来てユニットの他の機能を使っていない場合はユニットを返却出来ます。

 ユニットがPPPoEにより認証されるように設定されているため、これをルーター側で認証されるようにします。

 まず、ルーターのLANインターフェースにパソコンを直接接続し、ブラウザでURLを192.168.1.1と入力し、ルーターに接続します。

家庭内ネットワークの構築 - フレッツ光での接続と設定4

 接続時にIDとパスワードの入力を求められるため、マニュアルを見て入力します。この時入力するのはルーターに接続するためのIDとパスワードです。

 ルーターの機種によっても設定が異なりますが、例えば以下では設定変更を行う接続先を選択します。

家庭内ネットワークの構築 - フレッツ光での接続と設定5

 接続先設定でユーザ名とパスワードを入力して設定ボタンをクリックする事で反映されます。

家庭内ネットワークの構築 - フレッツ光での接続と設定6

 ユーザ名とパスワードはフレッツ光を契約後に送られてくる書類に記載されています。この時入力するのはPPPoEの認証で使うユーザ名とパスワードです。

 これで最初に示した図の通りにユニットなしで電話とパソコンでインターネットが使えます。

無線親機の設定

 無線親機の設定も機種によって様々ですが、ここではブラウザから設定を行うタイプの例を示します。

 まだ無線がつながっていない時の無線親機の設定は、一旦パソコンをツイストペアケーブルで無線親機に接続して行います。

 既に無線親機をルーターに接続している場合は、無線親機もDHCPによってIPアドレスを取得している事があります。このような場合、パソコンのIPアドレスを調べてその周辺のIPアドレスにpingを行い、応答があったIPアドレスが無線親機のIPアドレスと推測されます。パソコンのIPアドレスの調べ方は「IPアドレスの設定」の「設定の確認」を参照して下さい。尚、応答があった場合でもルーターのIPアドレスの可能性があります。通常、ルーターのIPアドレスは192.168.1.1と設定されている場合が多いため、それ以外のIPアドレスになります。又、設定ツールが用意されている機種もあります。この場合は設定ツールをインストールして自動的に無線親機を検索し、接続出来ます。

家庭内ネットワークの構築 - フレッツ光での接続と設定7

 推測したIPアドレスをブラウザのアドレス欄に入力すると無線親機に接続出来ます。接続の際はユーザ名とパスワードの入力を求められるため、マニュアルを参考に入力します。

 無線親機に接続した後に無線の設定を行いますが、セキュリティを確保するためには少なく共SSID、認証、暗号化方式、事前共有キーを設定する必要があります。それぞれの意味は「家庭内無線LAN」を参照して下さい。

家庭内ネットワークの構築 - フレッツ光での接続と設定8

 設定が完了したら下段にある設定ボタンを押して設定を反映します。

 又、Macアドレスフィルタリングにより接続出来るMacアドレスを制限しておくとセキュリティが強固になります。無線子機のMacアドレスの調べ方は「Macアドレス」の「Macアドレスの確認」を参照して下さい。

家庭内ネットワークの構築 - フレッツ光での接続と設定9

 設定が完了したら下段にある設定ボタンを押して設定を反映します。

 尚、Macアドレスフィルタリングは一旦パソコンと無線親機の通信が確認出来た後に設定した方がスムーズに作業が進みます。

無線子機の設定

 無線子機の設定はWindows7を例にするとスタートメニュー→コントロールパネルから行います。コントロールパネルが表示されたら「ネットワークの状態とタスクの表示」をクリックします。

家庭内ネットワークの構築 - フレッツ光での接続と設定a

 次に左に表示される「ワイヤレスネットワークの管理」をクリックします。

家庭内ネットワークの構築 - フレッツ光での接続と設定b

 ワイヤレスネットワークの管理画面で「追加」をクリックします。

家庭内ネットワークの構築 - フレッツ光での接続と設定c

 「ネットワークプロファイルを手動で作成します」をクリックします。

家庭内ネットワークの構築 - フレッツ光での接続と設定d

 ネットワーク名、セキュリティの種類、暗号化の種類、セキュリティキーを入力します。ネットワーク名は親機を設定した時のSSID、セキュリティの種類は無線の認証、暗号化の種類は無線の暗号化、セキュリティキーは事前共有キーに当たり、それぞれ一致させる必要があります。又、パソコンを起動した時に自動的に接続するためには「この接続を自動的に開始します」をチェックします。入力が終わったら一番下の「次へ」をクリックします。

家庭内ネットワークの構築 - フレッツ光での接続と設定e

 「ネットワークがブロードキャストを行っていない場合でも接続する」というチェック項目は、無線親機でステルス機能を有効にした場合にチェックします。

 ステルス機能とは、通常の無線親機はSSIDを常に流しており、認証されていないパソコンでもSSIDだけは参照する事が出来ます。例えば、タスクバーに無線のアイコンがある場合にクリックすると複数のSSIDが参照出来ます。これをクリックするだけで接続を始められます。但し、認証、暗号化、事前共有キーが一致しないと接続出来ません。ステルス機能を使うと他のパソコンからSSIDが見えなくなります。ステルス機能を使っていない場合は、この項目はチェック不要です。

 以下の画面で「閉じる」をクリックすれば設定の完了です。

家庭内ネットワークの構築 - フレッツ光での接続と設定f

 設定が完了した後はインターネットエクスプローラー等でインターネットに接続出来る事を確認して下さい。尚、Macアドレスフィルタリングを後で設定する事にしていた場合は、正常に通信が出来たのを確認した後に設定する事をお奨めします。

 尚、子機によっては専用のドライバが付属しており、そのドライバで上記を設定する事も可能です。

WPS

 無線LANはこれまで説明してきた設定を自動化出来るものが多くなってきました。WPSという規格をサポートしている場合、無線親機はWPSボタンを押し、パソコン側では添付のCD-ROM等から起動してWPSを有効にするだけで認証や暗号化等も自動で行ってくれます。

 慣れていないと入力ミスや勘違いで接続出来ない事も多い無線LANですが、WPSにより自動的に、しかも無線の仕組みを理解しなくてもセキュリティを確保する事が出来ます。

 つまり、フレッツ光を契約してルーターまでの接続と設定をしてもらった後、WPSをサポートしている無線を購入してツイストペアケーブルで接続すると無線の知識がなくてもWPSボタンを押すだけで無線LANが構築出来ます。

家庭内ネットワークの構築 - フレッツ光での接続と設定g

 尚、本ページの親機の設定はバッファローの無線親機を参考にしています。バッファローの無線ではWPSが規格化される前から同等の機能であるAOSSをサポートしており、自動化設定をサポートする製品ではこちらを採用しているものもあります。

家庭内ネットワークの構築 - フレッツ光での接続と設定h

 無線親機を購入される場合は、802.11b、802.11g等の規格、認証と暗号化方式が持っているパソコンでサポートしているか確認して下さい。パソコンに無線の機能がなくこれから購入を検討されている場合は、親機と子機のセットがお奨めです。規格等があっているか心配する必要がありません。

 又、無線親機とパソコンの部屋が離れている場合、無線の強度が強いハイパワー型がお奨めです。部屋が離れていて電波が弱いと不安定になる場合があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加