便利な住所録

豆電球の送り先として相手の名前だけ知っている場合、住所はどうやって調べるのでしょうか? 第三話では、名前から住所を導き出す方法について、住所録に例えて紹介しています。

住所は住所録で調べる

 豆電球で通信するためにAデパートの住所を配達人に教えなければいけませんが、普通はデパートの住所を知ってる人はいません。そこで住所録を使って調べます。

 住所録で調べる時、いきなりAデパートを見つけるのは難しいため、目次を開いて「お店」を探し、「お店」のページで「デパート一覧」を探す、「デパート一覧」からAデパートを探すといったように順番に調べると思います。

自分住所録便利な住所録1


 住所さえ分かれば、後は住所を配達人に教えれば豆電球で通信が可能になります。

住所は変わっても届く

 住所録を使って調べる場合、Aデパートの住所が変わっていると配達人はちゃんと届けることができません。このため、Aデパートの住所が変わった場合、上の図で「3-3.デパート一覧」のAデパート部分を書き直す必要があります。書き直す事で新しい住所を知る事が出来、配達人が届ける事が出来るようになります。

便利な住所録2

住所録の正体

 住所録はネットワークではDNS(ドメインネームサービス)と言われています。

 例えばWebサイトのwww.yahoo.co.jpを見たいとします。しかし、実際の通信では住所が分からないと通信出来ないため、DNSを使ってIPアドレスを探す必要があり、住所録を使った住所の調べ方と同じような動作をします。

 www.yahoo.co.jpを例に取ると、以下の図のようにまずルートサーバを参照し、そのルートサーバはjpを管理しているサー バ のIPアドレスを回答します。次にjpを管理しているサーバに聞くとcoを管理しているサーバを回答するというように順番にたどって行き、最後にyahooを管理しているサーバがwww.yahoo.co.jpのIPアドレスを教えてくれるのです。

便利な住所録3

 yahoo.co.jpの部分をドメインネームと言って、企業や個人等がドメインを管理している団体から取得します。又、www.yahoo.co.jpのような名前をFQDNと言い、www部分はドメインネームを取得した個人や企業等で好きな名前を割り当てます。

DNSのポイント

 DNSでは、まずルートと通信するのですが、何故その住所であるIPアドレスを知っているのでしょうか?

 実は、問い合わせを行う機器ではDNSが使えるように最初から登録されているのです。

 又、ルートはいきなりwww.yahoo.co.jpのIPアドレスを回答したりしません。あくまで1つ下のjpのIPアドレスを回答するだけです。これはDNSが下の図のように階層構造になっていて、それぞれのサーバーはすぐ下のIPアドレスだけしか知らないためです。

DNS

 この知らないという点にはメリットがあります。

 www.yahoo.co.jpのIPアドレスが変わった場合、yahooを管理しているサーバーだけ書き換えればよく、ルート等他のサーバーは書き換えなくて済むのです。Aデパートの住所の書き換えが一部であるように、それぞれ自分が管理する範囲だけ正確に書き換えればいいようになっています。

DNSは必要か?

 ホームページを見る際、www.yahoo.co.jpと書かなくてもIPアドレスを書けばページは表示されます。つまり、通信する上でDNSは必須ではありません。

 しかし、Aデパートに行くために住所を憶えている人はいないと思います。これと同じでIPアドレスは覚えにくく数字の組み合わせのためイメージも出来ません。又、移転すると住所が変わるようにIPアドレスも変わる可能性がありますが、DNSがなければIPアドレスが分からずにたどり着けません。

 このようにDNSは通信する上で必須ではないものの、分かりにくいIPアドレスを分かり易い名前で使えるようにするために必要です。

三話のまとめ

 第一話では通信は豆電球と同じでチカチカしていて、これをビットと言う。早くチカチカさせると短い時間で沢山の情報を伝える事が出来る。これはbpsで表されると説明しました。

 第二話では通信は住所としてIPアドレスが使われる。沢山の分岐点があっても道しるべの役目をするルーターがどちらに行けばよいか教えてくれる。魚屋さん、靴屋さん等売っているものが違うように、メール、Web等サービスを区分けするポート番号という仕組みがあると説明しました。

 第三話では通信においてDNSという住所録があって、名前から住所であるIPアドレスを知る事が出来ると説明しました。

 家庭でインターネットを利用する上では、上記の理解で十分だと思います。

 尚、話が横に逸れないようにかなり省略して書いている部分もあります。疑問に思った方やネットワークに携わる方はその他の項目も読んでみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加