ルーティング

道しるべであるルーターはどのようにしてどちらに行けばよいか判断しているのでしょうか? 本項では、ルーティングについて説明します。

何故ルーターはどちらに行けばよいか知っているか?

 何故ルーターは自分が接続されたサーバーだけでなく、遠くのルーターに接続されたサーバーにたどり着くにはどちらにいけば良いか分かっているのでしょうか?

 実は簡単な話で、ルーター通しで教えあっているのです。

 以下の図は例えばですが、サーバーが接続されたルーターは最初に①で隣のルーターに教えます。この時の情報には自分のIPアドレスもあり、教えて貰ったルーターはサーバーに向かうためにはどのIPアドレスに送ればよいかを憶えます。次に教えて貰ったルーターは②で更に隣のルーターに教えるといった具合に隣へ隣へ教えて行く事で、巨大なネットワークでも遠く離れたサーバーがどちらにいけばいいのか分かるようになるのです。

ルーティング1

 このようにルーター間で教えあう方法をダイナミックルーティングと呼びます。

教えあわない方法もある

 上の図で①と②は上、左と矢印がありますが、③が上にしかないのに気づいた人もいると思います。結論からいいますとこれは不要です。

 一番左の小さいルーターはPCから通信が来ると右のルーターに渡すしかありません。このため、「IPアドレスの設定」で示したデフォルトゲートウェイの設定で右のルーターのIPアドレスを設定していれば、必ず右のルーターを次の道順として示してくれるのです。

 小規模のネットワークではダイナミックルーティングではなく、どちらにいけばよいかを1つ1つのルーターに設定する方法もあります。Aは上、Bは右といった具合に設定します。これをスタティックルーティングと呼びます。

 スタティックルーティングはダイナミックルーティングのようなやりとりが不要なので分かり易いですが、1つでも道順の追加があると全てのルーターに設定しなければいけないため、大きなネットワークには向きません。

最短経路を進む

 実際のネットワークは少し複雑な場合が多く、以下のようにパソコンからサーバーへ到達する道順が2つ以上ある場合もあります。

ルーティング2

 条件にもよりますが、全ての線が同じ速度で接続されていた場合、必ず下の道順を通るようにルーターは道を示します。

 仕組みですが、ルーター間で教えあう時に、自分を経由するとどの位でサーバーまで届くといった内容を隣のルーターに教えます。一番簡単な方法は、ルーター間で教えあう時に数字を1つプラスする方法です。ルーターが教える毎に数字をプラスしていけば隣のルーターから貰った情報はルーターを何個通る必要があると分かります。つまり、最終的には以下のようにルーターを4つ経由する道順より2つ経由する道順の方が近道と判断するのです。

ルーティング3

遠い経路も無駄ではない

 下の図で真ん中下のルーターがダウンしたとします。

 ルーター間で教えあうと説明しましたが、これは絶えず行っていて、一定の時間情報が来ないとこの経路は無効になったのだと判断します。従って、最短経路は諦め、上の経路を通るようになります。

ルーティング1

サイト関連1

応用編「RIP
応用編「OSPF

キーマンズネット1

ネットワーク早わかり講座「第9回 第3層で理解!ルーターの基礎
  • このエントリーをはてなブックマークに追加