家庭内ネットワークの構築 - 設定のポイント

家庭内ネットワークを構築する時の設定のポイントについて説明します。

モデムがルーターの場合

 モデムがルーターの場合はモデムまでは契約すると設置、設定してくれます。

 パソコンをモデムに接続するとデフォルトの状態でオートネゴシエーションにより速度、Duplexが決定され、DHCPによりアドレス等が自動的に割り振られます。このため、特に設定は必要ありません。

 プリンター等はパソコンから通信するため、IPアドレスが変わると通信出来なくなる可能性があります。その場合は機器にIPアドレス等を固定で設定すると共に、モデムの設定でDHCPのアドレスを割り当てる範囲から設定したIPアドレスを除きます。

 例えばDHCPが割り当てる範囲が192.168.1.2〜192.168.1.254となっていた場合はプリンターのIPアドレスを192.168.1.201、DHCPでの割り当て範囲を192.168.1.2〜192.168.1.200に変更し、192.168.1.201がDHCPで割り当てられないようにします。

モデムがルーターの機能を持たない場合

 モデムがルーターの機能を持たない場合、モデムの設定は特に不要ですが、フレッツ等の場合はパソコンで専用のソフトウェアを入れてプロバイダから送られてきた情報を設定し、PPPoEが使えるようにする必要があります。

 又、ルーターを入れた場合はルーター側でPPPoEが使えるようにプロバイダから送られてきた情報を設定する必要があります。更に、インターネット側はDHCPやPPPoEを利用してグローバルアドレスを取得、家庭内ネットワーク側はプライベートアドレスを設定すると共にDHCPサーバーとしてアドレスを配布出来るように設定します。

家庭内ネットワークの構築 - 設定のポイント1

 NAPTではルーターのグローバルアドレスを変換後のアドレスとして利用出来るようにし、ファイアウォールでは内部から外部への通信のみ許可し、外から内部への通信は全て遮断します。

 ルーターの設定が正常であれば、パソコンはデフォルトの状態ではオートネゴシエーション、DHCP等で自動構成されます。

 プリンター等に固定でIPアドレスを割り当てたい場合は「モデムがルーターの場合」と同様にルーターでの配布範囲を変更します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加