帯域

片側1車線の道路より2車線の道路の方が2台の車が同時に通行出来るため、多くの車が通行出来ますが、ネットワークでも同様です。本項では、帯域について説明します。

道幅が広い方がスムーズ

 片側1車線の道路より2車線の道路の方がスムーズに車が流れると思います。ネットワークの世界ではこの道幅を帯域と言います。

帯域1

 帯域はbpsで表されます。bpsは「豆電球で通信」で示した通り1秒間にどれだけ多くのビットを送信出来るかを表します。10Mbps、100Mbps、1Gbps、10Gbpsでは、それぞれ10倍のビットを1秒間に流す事が出来ます。

帯域=速度?

 帯域は100Mbpsの速度等と記述されますが、速度というと車のスピードのようなイメージで相手まで速く到着すると考えがちですが、これは誤解し易い点です。

 例えば4bpsと40bpsの違いは以下のような違いです。

帯域2

 このように1秒間にどれだけビットを送信出来るかがbpsです。

 ビット自体は、豆電球を点灯しても相手には光の速度という一定の速度で届くのと同様、1ビットが相手まで届く時間はbpsに関わらず同じです。上記の信号は同じ時間で相手まで届きますが、40bpsの方がより多くの情報を伝えられます。

 2車線の道路が1車線になると交通量が多い場合は渋滞になると思います。ネットワークでも同様な事が起こります。

 2本の経路から100Mbpsの通信がサーバーにあった場合、合計200Mbpsになりますが、サーバーとの接続が100Mbpsだった場合、処理出来ずにフレームを捨ててしまいます。

帯域3

 このような状態を輻輳と言います。たまにネットワークが重い時がありますが、輻輳が発生している可能性があります。

 帯域も設定した事がある人は殆どいないと思います。Duplexと同様に固定設定も出来ますが、殆どの場合は初期値のオートネゴシエーションで決定されます。

 10Mbps、100Mbps、1000Mbpsに対応した機器間だと1000Mbpsと一番早い帯域に決定されます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加