ARP

隣の装置と通信するためにMacアドレスが使われますが、隣の装置のMacアドレスはどのようにして知るのでしょうか? 本項ではARPについて説明します。

DNSのような仕組みはない

 通信相手のIPアドレスはDNSが教えてくれますが、Macアドレスにはこのような仕組みはありません。

 通信相手のMacアドレスを知るためにはARPという通信を行います。ARPには通信したい装置のIPアドレス情報があり、自分宛てでないと判断した装置は何もしませんが、自分宛てと判断した装置は自分のMacアドレスを応答します。これにより通信相手のMacアドレスが分かります。

ARP1

暫く覚える

 ARPは通信するために毎回問い合わせるのではありません。一回問い合わせるとIPアドレスとMacアドレスを対にして暫く覚えておきます。これは何個も覚えておけるのでARPテーブルと言います。

【ARPテーブル】
IPアドレス Macアドレス
AのIPアドレス AのMacアドレス
BのIPアドレス BのMacアドレス
CのIPアドレス CのMacアドレス

 ARPテーブルに載っているIPアドレスについてはARPが必要ないため、早く通信出来ます。ARPテーブルに保持しておく時間は装置によって異なりますが、時間を経過すると忘れ、再度ARPを行います。

 ARPテーブルはWindows系ではコマンドプロンプトでarp -aと入力すると確認出来ます。

【arp -a実行例】
コマンドプロンプト
C:\>arp -a

インターフェイス: 192.168.1.2 --- 0x10
  インターネット アドレス   物理アドレス      種類
  192.168.1.1           11-ff-11-ff-11-ff     動的
  192.168.1.3           ff-11-ff-11-ff-11     動的

 又、arp -dコマンドを実行するとARPテーブルを削除出来ます。

サイト関連1

基本編「ARPの確認
トラブル対応「ルーター交換で通信不可

キーマンズネット1

初級ネットワーク講座「ARPの機能とデフォルトゲートウェイ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加