光ケーブル

光ケーブルは一般家庭のインターネット回線向けとしても普及してきて馴染み深いものになってきました。本項では光ケーブルの特徴、種類等を説明します。

光ケーブルの特徴

 光ケーブルはケーブルの中に光が通るように作られていて、光をチカチカして通信しています。実際にケーブルのコネクタを覗くと光が見えます。※目を傷めるので見ない方がいいらしいです。

 屋外にケーブルを敷設して落雷があっても影響を受けません。又、km単位の距離を接続可能なため、主として建屋内の階を跨ぐ時、屋外に敷設する時に使われます。

光ケーブルのコネクタ

 光ケーブルのコネクタには複数種類がありますが、主なものはSCコネクタとLCコネクタです。SCコネクタはGBIC、LCコネクタはSFPに接続されます。

 ルーター等の装置は内部で電気信号で動作していますが、GBIC、SFPが光に変換してくれます。通常はルーターやスイッチ等にGBICやSFPを挿入し、光ケーブル用のインターフェースとして使います。

 GBICは形状が大きく古いタイプです。SFPは形状が小さく新しいタイプです。このため、最近はSFPとLCコネクタの組み合わせが主流です。

光ケーブル1

LCコネクタ

 GBIC+SCコネクタ-------LCコネクタ+SFPといった接続も可能です。

 尚、10G(10,000Mbps)に対応したSFP+というのもあり、これもLCコネクタで接続します。

ケーブルの種類

 ケーブルの種類には大きく分けて2種類あります。マルチモードファイバとシングルモードファイバです。

 マルチモードファイバはGIケーブルと略されます。接続距離は規格にも寄りますが2km等です。このため、建屋内の階を跨る機器間の接続や隣接した建屋間の機器での接続に使われます。マルチモードファイバにはコア径50μmのものと62.5μmのものがあります。

 シングルモードファイバはSMケーブルと略されます。接続距離は規格にも寄りますが10km等で、場合によってはもっと遠距離の接続が可能です。このため、建屋間、都市間等を結ぶために使われます。

光ケーブルの規格

 光ケーブルの規格の例として、100Mbpsの通信では100Base-FX、1000Mbpsでは1000Base-SX、1000Base-LXが挙げられます。又、10G(10,000Mbps)や40Gに対応した規格も出てきています

 1000Base-SXはマルチモードファイバ、1000Base-LXはシングルモードファイバが主として使われるため、1000Base-LXの方が接続距離が長いです。

 1000Base-SX用のGBIC/SFPと1000Base-LX用のGBIC/SFPは製品が異なります。このため、光ケーブルの種類(GI、SM)とGBIC/SFPの種類(SX用、LX用)は合わせる必要があります。但し、1000Base-LXではマルチモードファイバも利用可能でその場合は接続距離が極端に短くなります。

 最近はマルチモードファイバとシングルモードファイバの価格差は余りなくなってきましたが、SFPは1000Base-SX用とLX用ではまだLXの方がかなり高いです。10Gでは同様に10Gbase-SRとLRというのがありますが、更に価格差が大きくなっています。このため、近距離接続にマルチモードファイバ、遠距離にシングルモードファイバがまだ一般的と思います。

2本で1通信

 光ケーブルはツイストペアケーブルと違い、通常は送信用、受信用に2本一組で使われ、Full Duplexになります。

光ケーブル2

キーマンズネット1

初級ネットワーク講座「徹底比較!22種類の“LANケーブル”大解剖
  • このエントリーをはてなブックマークに追加