パケット

本項ではフレームとパケットの違いを説明すると共に、MTUについても説明します。

 フレームは既に説明した通り、以下の構造をしています。

フレーム1

 このデータ部分にはIPアドレス等の情報が入りますが、これをパケットと言います。パケットのヘッダーは以下の構造になっています。

パケット1

 上記のデータ部分にポート番号等の情報が入ります。

 各項目の詳細はトラブル対応の「Wiresharkを使った解析」の「Packet Details画面での解析」をご参照下さい。

 尚、フレームもパケットと呼ばれる事が多いため、どちらを示しているか留意する必要があります。

MTU

 パケットの長さの最大値をMTUと言います。

 フレームが1518byteの場合が多いため、MTUはフレームのヘッダー長の18byteを除いた1500byteの場合が多いですが、ネットワークによって大きさが異なります。例えばFLETSではフレームの中に付加情報を追加する必要があるため、MTUが1500byteより小さくなっています。

サイト関連1

応用編「フレーム

キーマンズネット1

初級ネットワーク講座「IPヘッダの解読法とパケット分割
  • このエントリーをはてなブックマークに追加