経路の優先順位

例えばOSPFとRIPで同じルーティング情報が送られてきた場合、ルーターはどちらを優先するのでしょうか? 本項では経路の優先順位について説明します。

 ロンゲストマッチとは宛先IPアドレスとルーティングテーブルのサブネットでANDと取り、最も長く一致するサブネットを宛先として選択する事を言います。

 例えば、172.16.0.0/16と172.16.1.0/24がルーティングテーブルにあり、172.16.1.1宛ての通信が来た場合、172.16.1.0/24側の経路を選択します。

経路の優先順位1

 これは、172.16.0.0/16では172.16まで、172.16.1.0/24では172.16.1までが宛先IPアドレスと一致しているためです。

 デフォルトの状態ではRIPとOSPFで同じ経路情報を受信した場合、OSPFの情報がルーティングテーブルに反映されます。

 この優先順位はデフォルトでは以下のようになっており、数字が低いほど優先順位が高くなります。

【アドミニストレーティブディスタンス】
経路の情報元 アドミニストレーティブディスタンス値
直接接続されたインターフェース 0
スタティックルート 1
OSPF 110
RIP 120

 設定によって優先順位を変える事も出来ます。

 最後の優先順位はメトリックです。メトリックはRIPで言えばホップ数、OSPFで言えばコスト値です。

ルーティングテーブルへの反映と実際の経路決定

 上記で示したアドミニストレーティブディスタンス、メトリックの順に優先順位が高くなり、ルーティングテーブルに反映されます。実際に通信が行われた際、宛先IPアドレスによりロンゲストマッチを適用し、実際の経路を決定します。

 例えばアドミニストレーティブディスタンス値がデフォルトで以下の経路を受信したとします。

【受信した経路】
経路 ルーティングプロトコル ゲートウェイ メトリック
172.16.0.0/16 OSPF 192.168.1.1 10
172.16.0.0/16 RIP 192.168.2.1 1
172.16.1.0/24 RIP 192.168.3.1 1
172.16.1.0/24 RIP 192.168.4.1 2

 ①と②は同じ経路ですがアドミニストレーティブディスタンス値がOSPFの方が小さいためルーティングテーブルには①が反映されます。

 ③と④は同じ経路でアドミニストレーティブディスタンス値も同じですが、メトリック値が③の方が小さいためルーティングテーブルには③が反映されます。

 従ってルーティングテーブルは以下になります。

【ルーティングテーブル】
経路 ルーティングプロトコル ゲートウェイ メトリック
172.16.0.0/16 OSPF 192.168.1.1 10
172.16.1.0/24 RIP 192.168.3.1 1

 172.16.1.1宛ての通信が来た時、ロンゲストマッチでRIPの経路が選択されます。

 又、172.16.2.1宛ての場合はOSPFの経路が選択されます。

サイト関連1

応用編「RIP
応用編「OSPF

キーマンズネット1

初級ネットワーク講座「ルーティングを高速処理!経路集約の仕組み
  • このエントリーをはてなブックマークに追加