ポート番号

ポート番号はTCP、UDPそれぞれで決められたものがあります。本項ではポート番号について説明します。

 基本編の「第二話:配達人が運ぶ」でポート番号はサービスを示しており、それぞれの番号が何のサービスを示すか決まっていると説明しました。これをウェルノウンポート番号と言います。

 ウェルノウンポート番号は0〜1023までの番号が割り当てられており、それぞれどのサービスか決まっています。

 通常は各機器にサービスの対応表があり、Windows7では「インストールディレクトリ\System32\drivers\etc\services」、Linuxでは「/etc/services」に定義されています。

TCPポート番号

 TCPでよく見かけるポート番号は以下の通りです。

【TCPポート番号】
サービス ポート番号 説明
ftp-data 20 ftpでデータを転送する時に使う
ftp 21 ftpで接続する時等に使う
ssh 22 sshで使う
telnet 23 telnetで使う
smtp 25 メールを送る時に使う
domain 53 DNSでセカンダリにデータを送る時等に使う
http 80 Webサイトを参照する時に使う
pop3 110 パソコンがメールサーバーからメールを受信する時に使う
netbios-ns 137 Windowsが周辺のパソコンのIPアドレスを調べるために使う
netbios-ssn 139 Windowsが周辺のパソコンやプリンタと接続するために使う
imap 143 pop3の拡張版
submission 587 認証してメールを送信する時に使う
https 443 httpを暗号化して通信する
imaps 993 imapを暗号化して通信する
pop3s 995 pop3を暗号化して通信する

UDPポート番号

 UDPでよく見かけるポート番号は以下の通りです。

【UDPポート番号】
サービス ポート番号 説明
domain 53 DNSで問い合わせする時に使う
ntp 123 ネットワーク経由で時刻を合わせる時に使う
netbios-ns 137 Windowsが周辺のパソコンのIPアドレスを調べるために使う
netbios-dgm 138 Windowsが周辺のパソコンを調べるために使う
snmp 161 機器の管理情報を送受信するために使う
snmptrap 162 機器の異常等状態変化を通知するために使う
syslog 514 シスログを送信するために使う

その他のポート番号

 Windows7の「インストールディレクトリ\System32\drivers\etc\services」を見て分かる通り、1024以上のポート番号も定義されています。これらは一定の知名度がありますが、機器が異なると同じポート番号に違うサービスが定義されている可能性があります。通信する機器間では同じポート番号に同じサービスが割り当てられている必要があるため、このような機器間ではそのポート番号を利用した通信は成立しません。

 又、1つの機器で同じポート番号に複数のサービスは割り当てられません。

 尚、パソコンとサーバーで通信する際、パソコン側の送信元ポート番号は49152から65535番の間でコネクションの度に様々な値で割り当てられます。つまり、サービスで利用するポート番号と重複しないようになっています。

サイト関連1

応用編「サービス

キーマンズネット1

ネットワーク早わかり講座「第10回 上位層とロードバランサの関係
  • このエントリーをはてなブックマークに追加