ノンブロッキング

規格通りの帯域が使えない装置もあります。本項ではノンブロッキングについて説明します。

全てのインターフェースでワイヤースピード出る転送能力が必要

 全てのインターフェースで規格通りの帯域が使える事をノンブロッキングと言います。これを実現するためには全てのインターフェースでワイヤースピードを実現する必要があります。

 例えば100Base-TXのインターフェースを8つ持つスイッチでは、①〜⑧を全てワイヤースピードで転送出来る能力が必要です。

ノンブロッキング1

 このため装置全体で、148,809pps × 8 = 1,190,472pps以上の転送能力が必要です。つまり、ノンブロッキングを実現するために装置全体で必要な転送能力を求める式は以下になります。

 装置全体で必要な転送能力 = ワイヤースピード出る転送能力(pps) × インターフェース数

もう1つの条件

 ノンブロッキングを実現するためにはもう1つ条件があります。

 中央処理部分と記載した箇所が1秒間にどれだけbitを処理出来るかをスイッチング容量と言います。スイッチング容量が足りない場合、bitを処理出来なくなり規格通りの帯域が使えません。

 100Base-TXのインターフェースを8つ持つスイッチでは、①〜⑯を全て100Mbpsで処理出来る容量が必要です。

ノンブロッキング2

 このため装置全体で、100Mbps × 16 = 1600Mbps以上のスイッチング容量が必要です。つまり、ノンブロッキングを実現するために必要なスイッチング容量を求める式は以下になります。

 スイッチング容量 = 規格の帯域 × インターフェース数 × 2(Full Duplexの場合)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加