show running-config

CiscoルータやCatalystのshow running-configコマンドについて、構文を表示例交えて説明しています。

説明

 show running-configコマンドは現在動作中のコンフィグを確認する時に使います。

 コンフィグは大きく分けて2つあり、もう1つはstartup-configです。2つのコンフィグの違いを以下に示します。

【running-configとstartup-configの違い】
コンフィグ 保存場所 保存タイミング 再起動時
running-config メモリ 設定変更時に動的保存 設定が消える
startup-config NVRAM コマンドにより明示的保存 設定は消えない

構文

 show running-configコマンドの構文は以下の通りです。

show running-config

 省略形の例はshow runです。

利用例

 show running-configコマンドの利用例は以下の通りです。

Cisco# show running-config

Building configuration...

Current configuration : 1377 bytes
!
version 12.2
no service pad
service timestamps debug datetime msec
service timestamps log datetime msec
no service password-encrypsion
!
hostname Cisco
!
途中省略

line con 0

line vty 5 15
!
end

 上記のように現状動作中の設定が参照出来ます。

利用可能なモード

・特権EXECモード

関連ページ

・設定編「設定の保存と参照方法

 Catalystの設定保存方法や参照方法について説明しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加