IPv4のアドレス長は32ビット

IPv4アドレスの長さ、使える数、10進数での表記方法等について説明しています。

IPv4アドレスの長さは規定されている

 IPアドレスは通信時に使われるアドレスで、バージョン4(IPv4)では192.168.1.1等と表記されます。

 IPv4アドレスは、パケットに含めて送信されます。

パケット内のIPv4アドレス

 例えば、パソコンからサーバーに通信する時は送信元IPv4アドレスがパソコンに設定されたアドレス、送信先IPv4アドレスがサーバーに設定されたアドレスになります。

 この時、送信元や送信先のIPv4アドレスとして使えるのは32ビット(bit)です。RFC791で標準化されています。

IPv4アドレスは約43億個ある

 1ビットは2進数で、0と1が表現出来ます。信号のON/OFFと同じです。

 このため、32ビットでは0と1が32個並ぶ事になります。32ビットは、2を32回掛けた(2の32乗)数の組み合わせがあります。

IPv4アドレスは2を32回掛けたパターンを表現出来る

 これは、約43億パターンです。つまり、IPv4アドレスは約43億個使える事になります。

IPv4アドレスの10進数での表記方法

 8ビット集まると、1バイト(byte)と呼ばれます。このため、32ビットは4バイトです。8ビットはオクテット(octet)とも呼ばれるため、4オクテットとも言えます。

 IPv4アドレスは1オクテット毎に区切ると、例えば以下のようになります。

IPv4アドレスを1オクテット毎に区切る

 各オクテットは、00000000〜11111111までの数が使えます。これを10進数に変換すると、0〜255までの数が使える事になります。つまり、4オクテットでは0〜255までの数字を4つ持てる事になります。

IPv4アドレスを1オクテット毎に10進数に直した時に使える数は、それぞれ0〜255

 各オクテットで使う数字を決めてドット(.)で区切ると、例えば192.168.1.1等10進数で表記したIPv4アドレスになります。

IPv4アドレスを10進数で表記した例

 パソコンやサーバーで10進数のIPv4アドレスを設定すると、パケットでは32ビットの2進数に変換されて通信が行われます。

サイト関連1

基本編「IPアドレスの設定
  • このエントリーをはてなブックマークに追加