EEE(IEEE802.1az)

無通信時に、消費電力を削減することが出来ます。

本項では、EEEについて説明します。

EEEの概要

 EEE(Energy Efficient Ethernet)は、無通信時に消費電力を削減出来る仕組みです。IEEE802.1azで規定されています。

 ネットワークの需要は年々高まっていると共に高速化されてきており、利用する電力も多くなっています。このような背景から、少しでも消費電力を抑える仕組みが必要になってきました。

 スイッチやパソコン、サーバー等のインターフェースはリンクアップしていても、通信してない時が多くあります。このため、EEEではインターフェースが使われていない時に低消費電力にする事で、省電力化を行います。

LPIモード

 EEEでは、インターフェースが無通信状態になるとLPI(Low Power Idle)モードに移行し、省電力で動作します。

EEEのLPIモードへの移行

 通信が発生すると、通常の状態に戻ります。

EEEの通信中への移行

 EEEは、リンクアップした時に有効・無効をネゴシエーションします。接続機器がEEEをサポートしていない場合、LPIモードには移行しませんが、通信は可能です。

サポートインターフェース

 EEEがサポートされるのは、ツイストペアケーブルで接続される以下のようなインターフェースです。

  • ・10Base-T
  • ・100Base-TX
  • ・1000Base-T
  • ・10GBase-T
  • このエントリーをはてなブックマークに追加