name(VLAN)

CatalystのVLANコンフィグレーションモードで使うnameコマンドについて、構文や使い方を設定例交えて説明しています。

説明

 nameコマンドを使うとVLANに名前を付ける事が出来ます。

 VLANの名前はshow vlanやshow spanning-treeコマンド等を実行した結果でも使われる為、分かり易い名前を付けておくと確認が楽になります。

構文

 nameコマンドの構文は以下の通りです。

name "名前"

 名前は1〜32文字以内で他のVLAN名と重複は出来ません。

 VLANを作成後、名前を省略する事も可能です。VLAN名を設定しない場合のデフォルトは、例えばVLAN-IDが2の場合はVLAN0002等、VLAN-IDを基にしたVLAN名になります。

設定例

 VLAN 10の名前をtestにする設定例は以下の通りです。

Cisco(config)# vlan 10
Cisco(config-vlan)# name test

利用可能なモード

・VLANコンフィギュレーションモード

削除

 設定を無効にするコマンドは以下の通りです。

Cisco(config-vlan)# no name
Cisco(config-vlan)#

 上記により省略時のVLAN名に戻ります。

関連ページ

・設定編「VLANの設定

 CatalystのVTPやVLANの設定について説明しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加