vtp mode

Catalystのvtp modeコマンドについて、構文や使い方を設定例交えて説明しています。

説明

 vtp modeコマンドを使うとサーバーモードやクライアントモード等、VTPでの役割を設定出来ます。

 VTPを使うとサーバーモードに設定したスイッチからVLAN情報を送信し、クライアントモードに設定したスイッチでVLANを自動作成、変更、削除等が出来ます。

VTPの説明

 サーバーモードのスイッチで変更したVLAN情報は同じドメイン名が設定されたスイッチで反映されます。

 VTPを送受信するためにはトランクポートで接続されている必要があります。

 尚、サーバーモードのスイッチも他のサーバーモードのスイッチのVLAN情報を受信して反映します。サーバーモードのスイッチは同じドメイン内に複数存在出来ます。

構文

 vtp modeコマンドの構文は以下の通りです。

vtp mode モード

 モードは以下が設定可能です。

【VTPのモード】
モード VLAN設定 VLAN送信 VLAN反映 透過
server -
client × -
transparent × ×
off × × ×

 表で「VLAN設定」とはVLANの作成、変更、削除が出来るかどうかです。

 「VLAN送信」はスイッチで反映されたVLAN情報をVTPで送信するかどうかです。クライアントモードでは作成、変更等は出来ませんが、サーバーモードから受信した情報を他のスイッチに送信出来ます。

 「VLAN反映」はサーバーモードのスイッチで設定されたVLAN情報をVTPを利用して反映するかどうかです。

 「透過」はサーバーモードのスイッチとクライアントモードのスイッチの間に接続した場合、VLAN情報を透過させる事が出来るかです。透過出来ればクライアント側ではVLAN情報を反映出来ますが、透過しない場合はクライアント側では反映出来ません。

 上記の表の通り、サーバーモードとクライアントモードがVTPを利用しており、トランスペアレントモードとオフは利用していない状態です。

 トランスペアレントモードとオフの違いはVTPを透過するかどうかです。

 図で示すと以下の通りです。

VTPモードの説明

 デフォルトはserverです。

設定例

 サーバーモードの設定例は以下の通りです。

Cisco(config)# vtp mode server
Cisco(config)#

 サーバーモードでは別途vtp domainコマンドでドメイン名の設定が必須です。

 クライアントモードの設定例は以下の通りです。

Cisco(config)# vtp mode client
Cisco(config)#

 トランスペアレントモードの設定例は以下の通りです。

Cisco(config)# vtp mode transparent
Cisco(config)#

 オフの設定例は以下の通りです。

Cisco(config)# vtp mode off
Cisco(config)#

利用可能なモード

・グローバルコンフィギュレーションモード

削除

 設定を無効にするコマンドは以下の通りです。

Cisco(config)# no vtp mode
Cisco(config)#

 上記によりデフォルトのサーバーモードに戻ります。

関連ページ

・設定編「VLANの設定

 CatalystのVTPやVLANの設定について説明しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加